着物男子のススメ.2

一張羅は着物でキメろ!

男着物のススメ2 ~一張羅は着物でキメろ!~

突然ですが、印象付ける、覚えてもらう、そんな必要がある場面で、貴方はどのような工夫をしますか?

例を挙げるならば、コンペティションのプレゼンや、複数の登壇者がいる講演会の中の登壇者の1人になった時、あるいは仕事でなければ婚活パーティーなどの場なども一例でしょう。

限られた時間で自分の事を覚えてもらう必要がある時には、とにかく何か印象に残るアプローチをしなければなりません。

そんな時に一役買ってくれるのが、そう、着物なのです。

着物は日本人の勝負服です。

古くから正装として伝統行事などで身につけられてきた着物は、日本人の体型や骨格、所作などに最も適した、まさに日本人のための服であり、伝統を重んじてきちんと着物を着こなせる人は一目置かれる存在となります。

ここで大切なのが、TPOに適した着物を、適格に着こなす事です。

ただ着物を着て目立てば良いというものではございません。着こなせているかどうか、ここが見る人に好印象を与えられるかどうかのキーポイントになります。

そのために勧めたいのが、普段から着物を着ることを習慣づけておく事です。

着物を着る事に慣れておくと、勝負時に一張羅の着物を身に纏っても「こなれ」感が滲み出て自然に振る舞う事ができます。

婚活パーティーや、合コン、異業種交流パーティーなどのカジュアルな場でも、着物をかっこよく着こなして参加すれば「着物の人」という印象を強く残す事ができます。

その印象が「変わっている人」というものではなく「似合っていてかっこよかった!」となるためにも、やはり着慣れている雰囲気を醸し出す必要があるという事です。

普段から着物を着て、和装に相応しい立ち居振る舞いを身に着けて、ここ一番の勝負どころで差を見せつけてみませんか?

着物男子のススメ