男着物のススメ.10

~夏物や冬物ってあるの?着物の衣替えについて~

男着物のススメ10 ~夏物や冬物ってあるの?着物の衣替えについて~

これまでのコラムで、着物の格付けと相応しいシーンについてご紹介しました。
また、日本には四季があって云々というお話もしました。

そうなのです。日本には四季があるのです。
季節の色を取り入れて楽しむ前に、気温差に対応しなければなりません。

着物の種類と適したシーンについてはお話し済みですが、暑い夏、寒い冬に、同じものを着るわけにはいきませんよね。
ご安心ください。その昔普段着として着られていた着物、当然季節ごとに適した「夏物の着物」と「冬物の着物」があります。

まず、10月ごろから5月ごろまで着られる、いわゆる「冬物の着物」を「袷着物(あわせきもの)」といいます。裏地のついた着物で厚手です。
春秋物、冬物のスーツに裏地がつくのと同じ感覚です。

と言う事は、裏地がつかない夏物のスーツ同様、夏物の着物は、裏地がついていないというわけ。これを「単衣着物(ひとえきもの)」といいます。適した季節は6月と9月。

とはいえ、最近では5月や10月でも暑い日がありますので、そういう日はもちろん単衣着物を着ても良いのです。そのあたりは臨機応変に、チョイスしましょう。

夏には絽や紗といった薄物と言われる生地を着ます。

真夏には浴衣も着ますが、これはTシャツのイメージです。

着物男子のススメ