こんにちは!

名古屋 新栄 「男の着物専門店」、OHGAの青山です。

 

先日、錦秋 歌舞伎 を観に行ってきました。

片岡愛之助さんをはじめ、若手の役者さんが多数出ていらした演目。

 

愛之助さんはさすがの存在感で、

目の動きから、指先のしなやかさまで、

細かな描写が素晴らしく、

クライマックスまでどんどん引き込まれていきました。

 

幕間に愛之助さんの楽屋にもお邪魔させて頂きました。

緊張感のある時にも関わらず、

丁寧な優しく接して頂き、ますます好きになってしまいました。笑

 

紀香さんにもお会い出来ました。

美しいのはもちろん、とても気さくで、

いい意味で藤原紀香のオーラを消して、

愛之助さんを支えている感じが素晴らしく、

ほがらかな感覚を覚えました😊

歌舞伎は、

「傾く」(かたむく)の語源、「傾く」(かぶく)からきており、

そこから「歌舞伎」になったそうです。

「かぶき者」とは、江戸時代に嗜好が強く、異形を好み、常識を外れた事を好む人を言います。

 

OHGAもこの感覚は大切だと考えています。

 

ただ、常識を外す事はいけません。

 

革新と冒涜は全く違うのです!

 

その間にこそ、

現代のかぶき者の真髄があると考えています。

これからもっと、

「OHGA流 かぶき」の世界観を追求していきたいと思います。