小千谷産綿麻の着物のご紹介です。

 

小千谷縮のような、麻100%の生地は盛夏の着物として、8月いっぱいまでしか着る事が出来ませんが、

 

素材に綿が入ったものは、襦袢を着れば9月まで着る事が可能です。

image image

もちろん夏は襦袢を着ずに浴衣として楽しめます。

ある意味、お得感のある着物と言えます。

柄も通常の浴衣よりカラフルなものが多いです。

ちなみにこちらは、

OHGAのart director  zensui narita の綿麻の着物です。

 

image

 

ちょっと分かりづらいですが、薄いピンクの色合いです。

image image

男性がピンクを着る、ちょっと勇気がいりますが、いい感じ色気を魅せる事が出来ます。

こんな攻めのスタイルもいいですね♬

 

image image